眼科で処方されるカラコンは安心です

眼科で処方されるカラコンは安心です

眼科で処方されるカラコンは安心

若い人に人気のカラコンは眼に悪いと考えている人も多いと思います。大手ドラッグストアで雑貨として売られていたカラコンが問題になったことに端を発し、お洒落のためにカラコンを入れるのは良くない、という風潮になりました。確かにコンタクトそのものが眼にとっては異物なので、それを視力矯正のためならいざしらず、単なるお洒落のために入れるなんてあまり感心したことではありません。しかし若い人がお洒落をしたいと思うのは当然のことですし、眼の色を変えたいというのもよく分かります。本当にそれだけで印象が変わることがあります。伊達眼鏡が良いのなら、伊達コンタクトでも良いではないか、ということになります。

どうしてもカラコンをしたいというのであれば、眼科で処方したものをお勧めします。眼科でもカラコンは扱っています。通販やドラッグストアのように種類は豊富ではありませんが、あまり贅沢を言っても仕方がありませんので、なるべく品揃えの良い眼医者を選ぶと良いでしょう。但し眼科で処方されるコンタクトは医療機器として承認されているものだけですので、度のないタイプはありません。医療機器というからには視力矯正が目的であり、度なしのコンタクトなど認定されるはずがありません。この点は妥協しなければならないでしょう。つまり両目共に視力が2.0あり、視力矯正は全く必要ないという人は諦めたほうが良いでしょう。裸眼でも充分に見えるが、若干視力矯正をしても良い、という人は、ごく緩い度のカラコンを眼科で処方してもらうと安心です。コンタクトそのものがカラーであるかなしかに関わらず少なからず眼に影響を与えるものですから、そういう意味ではしないに越したことはありませんが、医療機器として認定されてもいない雑貨扱いのカラコンをつけるよりははるかにマシです。色もグレーやブルー、グリーン、ブラウンなどが揃っています。通販など、処方箋なしで買えるものは医療機器ではありませんのでご注意ください。

おすすめ

Copyright (C)2014眼科で処方されるカラコンは安心です.All rights reserved.